アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
WEBの恥は書き捨て
ブログ紹介
zoom RSS

F1第17戦 韓国GPを終えて

2010/11/01 23:24
はいみなさん久しぶりです。
いやはやありがたいことに、会社が急に忙しくなってきて、けっこう毎日残業が増えてるんですよ。
労働を終えて、家戻って、酒飲んでネットをぶらぶらしてたらもう寝る時間ですよ。

今日は残業の為に録音が間に合わないStarDigioの録音(4時間1サイクル)が終わるまで寝られず、思い出したかのようにここに書き込み。

そんなのは結局言い訳に過ぎなくて、ここに書くことが自分にとって生活のサイクルに入ってるか否かの問題なんだろうけどね。書きたいことはいろいろあるんだけど、結果がすべてだからなあ。

まあそれはさておき、一応F1の感想について書いておきます。

開催すら危惧された第17戦 韓国GP、金曜にも突貫工事が続いてたとか、案の定一部路面がガンガン削れたとかあったみたいで、決勝は本当に大丈夫なのか?というところに注目があつまりました。

で、決勝日は富士でのレースを思い起こすような豪雨&路面が雨を処理しきれずにセーフティーカースタート&赤旗中断、またセーフティーカースタートの流れで、生中継を見てても「ほんとうにレースは続けられるの?赤旗中断終了じゃないだろうなあ」とも思ってました。
しかし雨は徐々に収まり、レースは無事再開。
とたんにポイントリーダーのウェーバーが草地に乗り上げてスピン、後続のロズベルグが突っ込んできてクラッシュ&リタイアのノーポイント。
これで他の追随をゆるさずトップをガンガン走っていたヴェッテルが優勝してポイントリーダー奪取成るかと思いきやルノーエンジンがブローして水の泡。
完全に他を圧倒していたレッドブル勢が消えて、淡々と後ろを走っていたアロンソがまさかの優勝でポイントリーダーに。
優勝25ポイント、2位20ポイントの今期のシステムは簡単に逆転をなしえてしまう。この点で今期のレギュレーションは成功だったと断言できるね。

でも、残り数周で陽が落ちて真っ暗な中でのゴールはやっぱりなんとかならなかったのか。
まあ開催のコース関係者&FIAがこの初開催レースを「無事に何事もなくレースは行われた」と結論づけたかったのもわかるんだけどね……
ちなみにCSで生中継が見れるなら、表彰式でトロフィーを「誰が渡していたか」でそのレースを誰が開催したかったか良く分かります。今年はヨーロッパ系のレースはだいたいスペインのサンタンデール銀行(地元アロンソ&フェラーリもスポンサード)が冠スポンサーで、それ関連の人が渡してたりするんだけど、フジTVすら冠から外れた日本GPや韓国GPでは公人(その州・県・市などの長など)が渡してましたね。

さてチャンピオンシップ、ブラジルとアブダビの二連戦(日本と韓国は2週空きなのに、この最終2戦は1週間しか間がない)でどうなるか。けっこう終盤で盛り上がってきたね。

では
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F1第16戦 日本GP

2010/10/11 15:33
ということで、今年も日本GPが無事に終わりました。


土曜の雨で予選が延期されましたが、まあ以前の台風の際にも土曜朝から予選をやった緊急避難的措置の前例があったので、特にトラブルもなかったようですね。(地上波では放送不可能だったみたいですが)
というか、ピット前に出来た川で舟を造って流していたロータス&レッドブルのメカニックたち?は本当に良い感じでした(笑)。

午前中10時から予選、15時から決勝開始で、昨日はテレビに釘付けだったよ。
(いやまあ毎日映画かアニメ見てるんで似たようなものか)

しかしレース自体はレッドブル勢の圧倒的な速さで、トップ&チャンピオンシップ争いは退屈なものに。
トップの三台であるヴェッテル、ウェーバー、アロンソは位置キープでポイント獲得優先な走りで少し残念。
クビサがタイヤ脱落してリタイアがなければ、また少し違った展開だったかもしれなかったかな。

まあそれより、とにかくこのレースの(特に単調に終わりそうだったレース後半)、真の主役はカムイであった、といって差し支えなかったね。
ヘアピンでアルグスエリアリをアウトから抜いたかと思えば、すぐ前のスーティルがブローしてリタイアの恩恵を受けて10位へ。
さらにカムイの攻撃的な走りは続く。その間に前のロズベルグがクラッシュ&リタイアでカムイは9位浮上。またヘアピンで、今度はバリチェロのインを鋭く刺したら、もうスピード差がありすぎてのチームの指示なのか、ハイドフェルドはブロックせずに抜かせて、結局7位でフィニッシュ。

正直、シンガポールでは、これからってときにクラッシュしたので、大丈夫かな〜とかハラハラしながら見てました。

チャンピオン争いで別格のトップ5+シューマッハに続いてのこの結果は、あのひどいマシンとしては上々だったのではないかな。

あと、細かいネタでは、そのせいかサーキット全体でThinkPadの広告が多めだったような。フジが冠スポンサーを降りて代わりのスポンサーがいなかったので、表彰式でトロフィーを渡しているのが全員公人だった、とか。その後ろの看板、FUJI TVの文字が一タイル毎に塗りつぶしてあったね。(シャンパンファイトでアップになったときによく分かった)

残り三戦、まだまだチャンピオンシップはわかりません。
……ていうか、韓国のサーキットは本当に完成するのかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アニメ会の『ヲタめし!』

2010/10/03 22:59
ヲタオッサンTはPodcastで聞ける週一番組、アニメ会の『ヲタめし!』(月曜深夜?更新)が好きだ。
開始ゼロ回からiTunes&iPodに保存して繰り返し聞いている。

http://www.voiceblog.jp/wotameshi/

出演しているアニメ会のグダグダにして熱いアニメ好きトークに毎週いろんな意味でニヤニヤしている。
同様の人は意外に多いかもしれないけど、実はその前にやっていた「二次元へいきまっしょい!(通称にじいき)」もほぼ全てを保存しており(全90回中、一ヶ月ほど更新を疎かにして保存してない回がある)、毎晩23時も過ぎると、iPodで睡眠誘導番組として聞きながら寝ている。

『ヲタめし!』もすでに12万人の登録者数を超えているので、聞いている人も結構いるのではないかと思うのだけど、「素人以上プロ未満」な彼らの、アニメへの情熱トークは今のアニメを見る指針として業界関係者リスナーもかなり多いという噂。

番組中盤、リスナーからの応募で成り立つ「まだ見ぬ嫁への関白宣言」はリスナーによる二次元妄想をメンバーがいじくるコーナーで、ベタも多いがたまに強烈な変化球ネタも出てきて面白い。

なんかWEBマガジン的な書き出しになってしまったけど、ここでパーソナリティーであるアニメ会についてのまとめを。


(以下、あえてネットでの公式情報を見ずに、Podcastでの発言と記憶を頼りにまとめてみる。だから、実際とは異なる可能性もあるので注意)


アニメ会(公式サイト http://www.anime-kai.com/
通常はバラバラで活動しているアニメ&二次元好き芸人たちが組んだ「オタク芸人トークユニット」
メンバーによるアニメのイベント等での司会業も増えているが、その活動の基本は数ヶ月に1回東京(現在は主に池袋)でライブ公演をすることだ(ヲタオッサンTは行ったことがない)
で、そのライブの基本ネタは各人の「萌え話」を披露することらしい。
「萌え話」とは、各人がアニメキャラのいる世界に自分が入っているという仮定のもと、キャラたちと自分がキャッキャウフフするというのが大筋らしい。
当人たちの発言にもあるが「自分たちの二次元妄想を金をもらって聞かせてる(意訳)」である。
これを「キモい」と見るか「斬新な芸」と見るかで彼らへのスタンスが大きく変わってくる。

結成当初?、アニメ「ROD」をこよなく愛し、オンリートークライブなどをやっていた。それが縁でベサメムーチョの方と知り合いになり、「かみちゅ!」DVDのオーディオコメンタリーに参加。知らない購入者からは物議を醸す。
今年発売された「ROD」Blu-ray BOXでついに念願のコメンタリー参加がかなって感無量だったそうな。
そんな縁で、6月あたりは「宇宙ショーへようこそ」タイアップネタも多かった。
会として同人誌を製作し、コミケで販売もしている。

メンバーのまとめ

国井咲也(くにい さくや)
三平×2とともに同会を結成したオリジナルメンバーでアニメ会代表。
代表の名に恥じることのない、淀みない妄想の持ち主。
かつては週40本近くアニメを見ていたと公言。焼いたDVDはアイウエオ順に並べているらしい。
最近では「萌え話」での妄想が二次元キャラよりも映像・演出優先(妄想のトークなのに!)で「自分を立てる」ことから「超国井(展開)」と呼ばれている(らしい)。
『ヲタめし!』での持ち回り個人コーナー「〜委員会」(おのおのが好きなテーマで委員長となり、語って行く後半10分程度のコーナー)では「ヘルメット」「階段」「自販機(夜の病院やロビーなどの)」というテーマでかなり濃い研究を発表。濃いオタクであるメンバーからもどん引きされる場面も。以後やや一般よりの「ふたつオー委員会」で男の夢を素直に語っていました。
かつては若本紀夫の物まねで一世を風靡(したかな?)
趣味はサバイバル・ゲーム。脳内嫁は「よつばと!」の風花。
去年の年末から今年にかけての下宿の引っ越しでまともにTVが見れなくなり(関東なのに!)、しばらく「電波難民」として新作アニメの話ができなかった。夏頃、アンテナを立ててようやくキー局視聴は可能となった模様。


三平×2(みひらさんぺい)
国井咲也と同じくオリジナルメンバー。アニメ会のやおい担当。西口プロレス所属で肉体派?
少年チャンピオン読者投稿ページ「CTC」も担当している。
夏・冬のコミケには「金属バット」のサークル名で参加、同人誌を出版するため、その前後の出番ではかなり体力を損耗したと思しきトークを披露。
脳内嫁として「らき☆すた」のつかさと結婚していると公言(ネタだけど)。たびたびネタにしている。
その縁?で鷲宮によくお参りする。NHKニュースに「一般人」として映り込んでいたり、鷲宮での川柳募集に芸名にて佳作で入選などの活躍も。
「委員会」では、かつては「萌えタヌキ」を全面に、「萌える絵図百鬼夜行(萌え妖怪)」、一時期「二次元カップル」、そして現在「擬人化」をテーマに大々的に収集、研究している。コナミの萌え擬人化カードのアイデア募集に応募して、見事採用された(芸人とは気づかれず)。
同人誌集めが高じて比嘉モエルとともに「四日目」という同人誌&即売会ネタオンリーライブも定期的に開催している。
膨大な同人誌所蔵の為に下宿は広さ優先で、風呂なしのアパートに住んでいるらしい。


サンキュータツオ
「米粒写経」というコンビで活動する芸人。落語研究家。アニメ会のツンデレ担当。
『ヲタめし!』では、送られてきたメールなどに「余計な悪口を言わないと気が済まない」的なキャラを演じていて、一部リスナーから本気にされて嫌われている。
「ちょこっとSisters」アニメ版にはまって、各話の感想を書いていたら、3クール目の27話以降も書き続けて、最終的に全108話見たと豪語する(Blogでずっと各話の感想を書いていたらしい)妄想の達人。原作者の雑破業もゲストに出てきて苦笑い(笑)。
現在は「純情ロマンチカ」アニメ版でBLに目覚め、アニメ会の「BL委員長」として長期活動中。
特に初期の、現実の困った事態にロマンチカの名台詞で対処するというコント「ロマンチ会話」ネタは結構インパクトがあった。BLの(特に男性への)普及に力を入れている。
『ヲタめし!』女性リスナー(主に腐)が増えたのは彼のおかげだといっても過言ではないだろう。
「純情ロマンチカ」オンリー即売会にも「ロマンチ会話」本で参加して、参加サークル50組中男性一人だったというネタも提供する。
個人的には『ヲタめし!』初期委員長枠で披露していたコント「俺マンガ日和」を今頃かなり支持する!
(繰り返し聞くと分かってくる、スルメのようなコントでした)
別のPodcastでも活躍。
最近では、地方巡業の司会などをしているそうで、『ヲタめし!』登場回数も減り気味。


比嘉モエル(ひが もえる)
上のアニメ会公式ページでは今でも旧名の「沖縄の比嘉」なんだけど……
沖縄出身。典型的オタク的風貌である眼鏡&額後退中。ゲーム好きと公言(かつてゲームソフトを買うためにハードを売ってプレイできないという話を披露していた)、特にセガのサターン、ドリキャスが好きだという。
アイマス、(付録とかでの)女性下着4枚所有、Y・J・LOVE、プリキュア……と語ることは多いが、こと『ヲタめし!』においての彼の注目点はなんといっても「滑舌」(カツゼツ)に尽きる。
およそ芸人とは思えぬ「滑舌」の悪さで、Podcast放送中もたびたび他のメンバーによって聞き直され、修正される。発音命のラジオにおいて「滑舌」という単語がこれだけ何度も、そして繰り返し使われることはそうあるまい。逆に「滑舌不良キャラ」として確固たる地位を確保しているとの声も?
滑舌の悪さでトークがストップして「いや、もういいです」と話を止めてしまうこともあり、もっとがんばれ、と応援してしまう時すらある。
すでに130回を迎えた『ヲタめし!』だが、彼の「滑舌」は相も変わらずのようだ。
三平×2同様、同人誌活動を「ひがスィー」名義(苺ましまろの作者にあやかっての命名と思われる)で参加。独特の絵柄の「○まい棒」本シリーズだという。
プリキュアやアイマスなどのイベント、ライブに参加しての報告が多いが、同時に「滑舌」の壁に阻まれて意思疎通が果たせず、全編滑舌不良の「放送事故」とまで呼ばれた回もあった。
良い意味で、成長して欲しくない逸材。
リスナーから最も声をかけやすい気さくなキャラでもある。


亀子のぶお(かめこ のぶお)
エンタの神様などで「キ・モ・イ!キモイ!」とチアガールの扮装で踊っていたふとっちょが彼だ。
アニメ会ではコスプレ担当といわれていたが、メインがエヴァの「リリス」コスプレ。
アニメ会ではキャラものまね芸が得意で、今年3月までの『ヲタめし!』ではCM明けジングルなどでネタを多数披露していた。
個人的には、声の良さはアニメ会中随一で、旧版タイトルコールの出来の良さは、聞けなくなってから判明した事実だった。
アニメの興味はキッズ系中心で、それよりもマンガ好きと公言して、他のオタ寄りなメンバーとは一線を期す。
逆にアニメ会としてはヲタ濃度が薄く、深夜アニメにうといため他のメンバーとは話が合わず、かつてのメイントークネタは「家賃を何年も払ってない&大家に説教される」だった。
そんな彼がエンタでTV出演&レギュラー化したものだから、他のメンバーより世間の知名度では一番かもしれない。
それもあってか『ヲタめし!』ではPodcast開始告知の第0回と、2010年3月末回のたった2回しか登場しなかった。
2010年3月いっぱいで仕事に制限が多い吉本興業に移籍するため、アニメ会を卒業(2回目の出場がその卒業報告だった)。
(同時に彼の参加したジングル系の音源も全て差し替えられた)


さてこんな『ヲタめし!』だが、リスナー向けの小ネタを一つ。
130回を超えて続いている『ヲタめし!』で、メンバーのスケジュールによって2〜3人で登場することが多く、最近では三平+比嘉コンビのパターンが多くなっている。
(唯一、年末最後の放送は今年を振り返るネタで亀子以外の4名で集まっている)
この組み合わせだと全組み合わせパターンがありそうだけど、ただ一つ「三平」+「タツオ」コンビでの放送だけはまだ行われていない。(これに国井か比嘉が入っての三人構成はある)
偶然なのか、回避しているのかは不明。
ただし、舞台の司会とかではよく二人で組んでいるらしい。


そんなわけで、次回はアニメ会に深く関わった&そもそも自分がアニメ会を知ったきっかけである作家「H」と彼らの話を、憶測も交えて振り返ってみるつもりだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F1第15戦シンガポールGP

2010/09/28 21:19
てなわけで地味に書き込み。

アロンソ連勝で今期4勝目で2位に浮上。
前回のフェラーリ地元エクストラパワーな勝利はともかく、テクニカルなシンガポール市街地でPPを取ったのも驚いたけど、スタートもきっちりと決め、追い上げるベッテルに隙を与えぬ走り(終盤までファステストラップを出しあい)は、やはりチャンピオン、といった感じだったね。
まあ、そうはいっても終盤の2台でのバトルは玄人向けすぎて、正直退屈だったんですが。
ベッテルは、アロンソと同時ピットインをしなかったらまた違ったかもしれなかったのに。

ハミルトンは「21世紀のマンセル」らしい走りで(チャンピオンあっさり取ってるけど)抜ききれずに自滅、
インを死守したウェーバーはお咎めなしでアタックやり損。
そのウェーバーは早めのタイヤ交換できっちり3位。チャンピオンへの階段をじっくりのぼっているか。
バトンはそんなウェーバーに無理せず、面白みなく安定した走りで4位。

そうはいっても、残り4戦、フルマークで優勝したら100P獲得できるので、まだまだどうなるか読めません。
ここまでのチャンピオンシップの流れを見たら、今期の規定変更(ポイントルール変更など)もあながち悪くなかったのではないかと思えてくるね。

カムイも予選10位まで来ておきながら、プッシュしすぎてのミスでリタイアとはもったいない。
でも次は鈴鹿なんで、がんばって欲しいよね。
ところで、グッドスマイルカンパニーが個人スポンサーになったそうなんで、鈴鹿で「ねんどろいどカムイ」発表はあるかなあ(笑)。
いや、欲しくないけどね(笑)。

ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


君が望む永遠

2010/09/11 11:28
はいはい、今日はいきなりエロゲの話ですよ。

オッサンは1990年代初期からのエロゲーマーなんで(Windows95の前からだわ)、老舗のエルフ、シルキーズ、アリス、今は亡きC's Ware(「EVE burst error」を最初に出したメーカー)などにはいろいろお世話になりました。

そんな老舗にこだわっていたせいで、2000年代初期に一気にメジャーになった新興メーカー系など眼中になかったのだけど、あるとき友人から「これすごいからやってみろ」と紹介されたのがアージュの(今でも)代表作たる「君が望む永遠」(以下「君のぞ」)体験版でした。

これがいろんな意味ですごかったね。

まあ友人はその体験版(第一章をまるまるプレイできる)ラストに流れる主題歌「Rumbling Hearts」ムービーが大事だったみたいなんだけど。
というのも、そのタイトルバックにいるヒロインの二人、涼宮 遙速瀬水月の二人の髪が風になびくシーンは、MPEGなどの圧縮ムービーではなく、パソコンの処理能力(CPUクロック?)で可変するアニメ仕様だったため、一時期「君のぞベンチマーク」として仲間内でかなり話題になったものです。自作パソコンを組んではその「Rumbling Heart」を流して何回二人の髪が揺れるか測ったなあ……。そういや当時はCeleron 300Aをオーバークロック〜とかの時代だったよなあ(今のパソコンの10分の1くらいの速度かな?)。

ちなみに、その後発売されたパッケージ版以降ではこのタイトルバックの揺れはどうやらロックされていて、どのパソコンでも同じ回数しか揺れない仕様でした。

それはさておき、この元祖泥沼トライアングルゲームの、まだ発端でしかない第1章を収めた体験版をやった俺の衝撃! ……それはすごいものでした。
このゲームにはまって、結局「エロゲにはグッズは不要(本編だけあればいい)!」主義だった俺がわざわざ「君のぞサントラ」まで買って「Rumbling Hearts」を何度も聞き込むことになるのでした。




※まさにこのムービーがゲーム版のOP。全女性キャラにルートあり。ただし動画部分は総じて、当時としてもキャラの顔が変わりすぎてて見ていて辛かったなあ。まあ、あのころエロゲOPをアニメで動かしていた事自体がすごかった訳だけども。
この曲好きすぎて、栗林みな実の個人的BEST SONGは今でもこの曲から動きません。
ただし、イントロはGame Ver.に限りますが……。


ストーリーのあらまし:
主人公鳴海孝之に恋する引っ込み思案の涼宮 遙(声は今やランティスの歌姫、栗林みな実。そういや彼女もこの名前のまま通してるよなあ)、それを取り持とうと孝之に近づいて親友のポジションを得る水泳部の活発少女速瀬水月(ゲーム版音声:石橋朋子。アニメ版:今やグラビア声優として名高いたかはし智秋。この二人、とってもとってもとっても声が似ています)。
水月のとりなしで孝之とは付き合い始めるが、次第に水月も孝之のことが気になり始め……

で、孝之と水月がちょっと会っている間、彼が来るのを待っていたに暴走車が突っ込み……

暗転するラストと共にOP主題歌「Rumbling Heart」が流れて第1章終了。

続きはゲーム本編を買ってね〜という、プレイした者の心を鷲掴みにして、今すぐ続きをやりたい!と思わせる仕様でした。



で、友人から「もうやったか?見たか?」とせっつかれてその晩プレイして、結論!

「いやあ、こりゃ本編買わないとなあ……」
などと充実した思いを抱きつつテレビを付けたら……



世界貿易センタービルからすごい煙が上がっていた。


そう、その日は2001年9月11日、たしか22時ちょっと前だったのを覚えています。
「アメリカ同時多発テロ」がまさにTVで中継されていたのです。そのすぐ後二機目が衝突して、さらに後ツインタワーは崩壊します。

今からちょうど9年前の出来事です。

そういったわけで、9/11と聞くと生涯ベストワンエロゲ(は言い過ぎか)である「君が望む永遠」を即座に思い出すヲタオッサンTでした。ちなみに、あの後しばらくはニュースに釘付けになったので、「君のぞ」本編はかなり後にプレイすることになりました。

ちょうど発売があの頃だったので、当時の購入者も印象が近いのではないでしょうか。
(ここまでシンクロする人間も珍しいかとは思いますが…)


君のぞ小ネタ集
◆前も書いたけど「君のぞ」(こういう略称で通じたんだ)といえば、今はKISHOWことGRANRODEOのヴォーカル谷山紀章がこのアニメ版主人公鳴海孝之を演じてて、「School Days」アニメ版が出るまでは「優柔不断で最低のゲーム主人公」として名を馳せていた(ルートにもよるけどね)。


◆遙の妹である茜がその新人?声優の演技力も相まってネットで人気爆発。
上原ともみは(名前を変えつつ)ここから一時代を築くことになります。
ちなみに、後のOVA版で茜の声を当てた水橋かおりにとってもとってもとっても声が似ています。

◆第二章から登場する「大空寺 あゆ」はちびっ子ツインテールツンデレで、当時は「あゆ」の略称をKEYの鯛焼きっ子と二分するほどの人気キャラでした。あんですと〜。

このゲーム、他にも沢山の攻略キャラ、ルートがあってコンプリートするのも大変かつ、とても幸せなものでした(まあ今の時代で考えれば鬱ルートも多いけどね)。
他のゲームの三本分くらいボリュームがあったのではないかなあ。

ただ、このゲームの成功でアージュの連中が勘違いを始めたのか、次作のマブラヴ延期騒動&オルタ分割商法などなど……その後の人気凋落は悲しいものがあるよね。

あと、アニメ版も平均的な作画がイマイチだったので、ほとんど印象に残ってません。
まあそれをきっかけに栗林みな実がアニソン歌手へと移行したんだから、まあ人それぞれだよね。

「俺たちはアージュに、はっちゃけたバカ学園ものゲーム(だけ)を期待してたんだぞ!」

てなわけで、未プレイの方はだまされたと思ってやってみてください。

(期待した皆が、第二章の冒頭で「騙されたー!」と叫んだものです(笑))

ではでは


君が望む永遠 Latest Edition 初回版
アージュ
2008-03-28

ユーザレビュー:
初心者入門としては良 ...
キャラもストーリーも ...
こういうゲームが嫌い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君が望む永遠 Latest Edition 初回版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



君が望む永遠 Soundtrack plus
ランティス
2001-08-29
ゲーム・ミュージック

ユーザレビュー:
心の琴線に触れる美し ...
最高質のゲームサント ...
すばらしいの一言すば ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君が望む永遠 Soundtrack plus の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


理想の最終回

2010/09/09 21:09
皆さん、バンダイナムコゲームズの「Another Century's Episode R」をやってますか?

そこでピンポイント小ネタをひとつ。

「超時空世紀オーガス」のエンディング・テーマは現在地上波では放送禁止歌!
理由はもうタイトルからして放送禁止用語だから!
放送禁止用語連呼(笑)の問題ソングなわけです。
詳しくは適当にネットで調べてね
(ヒント:ビバップのフェイは初登場時、自分の事を何と呼んでたか?)。


iTunesをVer10にUPしたらえらく淡泊なインターフェイスになったんでしょんぼり中。


さて、9月もかなり過ぎて、「けいおん!!」も最終回が近づいてきましたね。

なんか2週遅れの地域では、最終回後の番外編を放送しない(全国9月で放送終了?)という噂もあります。

さて、ヲタオッサンTにはアニメの「理想の最終回」のテンプレートがあります。
これを実行するかどうかで番組の余韻、そしてその番組そのものの評価が変わることもあるものです。

先に書いておきますが、かなりベタなテンプレートです。


それはラストが以下の通りになること。


何気ない日常。主要メンバーの何気ない楽しそうな会話。



会話続く&カメラが空にPAN(被写体がキャラから背景、空に向く)



第1期OPのイントロ流れ出す(ここ大事!)



そのまま第1期のオープニング・テーマをバックに流しつつエンドクレジット。
(映画風に下から連なってキャスト・スタッフクレジットが流れる)


背景はサブキャラたち(メインキャラも含む)のその後の日常

あるいは

シリーズ名場面集ダイジェスト



ラストにメインキャラのその後の成長を印象づける止め絵(だいたい笑顔)



END



……うわ〜書いててすげーベタ!顔真っ赤!
でもこれが良いんです!

ちなみにこのテンプレート、銀魂アニメ版でクールの終わりの連続話の解決編ラストで何度か再現してました。
※次の話からOPが変更になるからやってるんだろうなあ、とかスレたおっさんな感想を抱いてましたが。

個人的には「とある科学の超電磁砲」のアニメ版で、このテンプレートに沿って「only my railgun」を流してくれたら感涙してただろうなあ。でも最終話サブタイトルがEDテーマと同じ「Dear My Friends」であると知ってそれはないと悟ってしょんぼり。でも最終回一番の見せ場で「only my railgun」が流れて、あとはテンプレートに近い終わり方で、結構評価は高いです。

で、今回何が言いたかったかというと

「けいおん!!」のラストはこのテンプレートに沿って「Cagayake!GIRLS」(ここ大事!)を流して終わって頂きたい!

まあ最終回で完全ENDしたら、翌週の番外編との違和感が出るだろうから、たぶんいつも通り「No, Thank You!」で終わっちゃうんだろうけどね。でもこのテンプレートをしてくれたら感涙するなあ。

ちなみに、ヲタオッサンTが「第1期OP」でないOP曲で終わったにもかかわらず「そう、これがBEST!」とガッツポーズで視聴した、今でも心に残っている作品といえば「カレイドスター(新たなる翼)」全51話の最終話「約束の すごい 場所へ」でした。
ラストで「2クール目」のOP「約束の場所へ」(米倉千尋)が流れたときはもう……いやいかん、今思い出してもけっこうウルウルする。
まあ「約束の場所へ」という曲が(個人的に)米倉千尋の(アニソン)BEST OF BESTであるというのもあるよね。

あと、あれは第1クールのOPがそもそも、ホリプロタイアップバンドのSugerが……いやこの話は止めておこうか。

とりあえず広橋凉の出世作でもある(当時はちょっと棒?)「カレイドスター」は21世紀のスポ根ものアニメとしてかなりお勧めです。話がなんかずれちゃった。

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F1第13戦ベルギーGP

2010/09/01 19:25
ほぼ1ヶ月ぶりでなんだか久しぶりのF1。

雨が降ったり止んだりで、かなりバタバタしたレースでしたが、これもスパの魅力。

PPのウェーバーはスタートをミスったのが最後まで響いて、なんとか2位でフィニッシュ。
トップをとったハミルトンは安定した走りで今期3勝目&ポイントリーダー。
で、今回一番ドタバタしたあげくに株を下げたのはやっぱりベッテル。
微妙に攻めあぐねていたバトンの「土手っ腹」にぶつけてリタイアに追い込んだ16週目のあの走りは、ちょっとチャンピオンにふさわしい走りとはいえないよねえ。
バトンは2位走行で、今期「雨のバトン」としてあわよくばハミルトンの隙を狙っていたかもしれないのに、ベッテルにやられて実にもったいないノーポイント。
出走300戦目のバリチェロは1週目でアロンソにぶつけてリタイア。もったいないね。
あと、地味にカムイが8位入賞は結構誇ってもいいんじゃないかな。そうそう、個人スポンサーとしてグッドスマイルカンパニーのスポンサードを得たそうなので、日本GPには「ねんどろいどカムイ(ドライバースーツVer)」とかが発売されることでしょう(笑)。

ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


勝手に「燃える」アニソン10選!

2010/08/19 23:11
NHK-BS2で「萌える!泣ける!燃える!ゼロ年代珠玉のアニメソングスペシャル」という番組が8月14日に放送され、帰省したら実家ではBSが見れず、録画してようやく見たのだけど、3ブロックに分かれていた最後の「燃える!部門」での10曲の選曲があまり納得しなかったのでここで勝手に10選をしてみることにする。

「燃える」アニソンの個人的な定義は、単純に言って「激しいアクションシーン・戦闘シーンでのBGMに最適である歌」であること。ここは譲れません。
2000-2009年はざっと曲を見返しても「萌える」アニソンが幅を利かせて、「燃える曲」は発表されたであろう全アニソンの中ではやや少なめです。

でも、決して10曲でおさまる程度の曲数ではないよ!

さてNHKでの選曲ですが以下の通りでした。

列の瞬(エアマスターOP)ジャパハリネット
創聖のアクエリオン(同 OP)AKINO
甲賀忍法帳(バジリスク〜甲賀忍法帳)陰陽座
ゲキテイ(サクラ大戦TV OP)横山智佐(神宮司さくら)+帝国歌劇団
キングゲイナー・オーバー(キングゲイナーOP)福山芳樹
ETERNAL BLAZE(なのはA's OP)水樹奈々
空色デイズ(天元突破グレンラガンOP)中川翔子
Paradise Lost(喰霊-零-OP)茅原実里
Gong(スーパーロボット大戦α OP)JAM PROJECT
真っ赤な誓い(武装錬金OP)福山芳樹

ごめん、エアマスターのOPなんてまったくノーチェックでした(なんか冒頭、映像がおかしくなかった?)。で、残念ながら、曲を聴いても他の曲に釣り合ってるとはとても思えません。陰陽座の「甲賀忍法帳」も悪くはないけど、ゼロ年代を代表する燃えアニソンにはイマイチ及ばないのではないでしょうか。

「ゲキテイ」!
まあ解説の中で最も目立っていた田中公平氏へのサービスだと思えますが、ゲーム版用のOP「檄!帝国華撃団」、「同(改)」よりも決して優れたアレンジとは思えません(かろうじて2000年に発表された黒歴史アニメ版用のOPなので仕方ないとはいえ)。それだったらスパロボ用の曲を選んでるんだから「御旗のもとに」の方が万人が納得します! 日高のり子がいたんだから、エリカ単独バージョンでも歌わせればよかったのに!

JAM PROJECTもすごく良いアニソンが目白押しなのに、ライブ映えを意識してか、ゲーム用テーマの選曲では番組名が泣きますよ!
同様に、福山芳樹の曲が2曲もライブ向きとはいえ、さすがにゼロ年代10選となると、これは涙をのんで片方落とさざるをえない。

で、以下のように選び直させてもらいました。
ちなみに以下は順不同。


「至高のゼロ年代燃えるアニソン」ということで


創聖のアクエリオン(同 OP)AKINO
ちょっとマイナーなロボットものだったのが、パチンコで奇跡の復活。この曲が当時、若い一般女子にも人気が出たという話なので。ライブでも映えますね。


キングゲイナー・オーバー(オーバーマン・キングゲイナーOP)福山芳樹
悩みに悩んだけど、オリジナルアニメのテーマ曲という事で今回はこちらを選曲。至高と言いつつ、気分によっては「真っ赤な誓い」の日もあるかも。作品的にも富野監督がブレンパワードよりふっきれた作風を確立できたので。


ETERNAL BLAZE(なのはA's OP)水樹奈々
水樹枠。ヲタオッサンTが水樹奈々の格の違いを認めたのはこの曲からでした。
祝!アニソン声優シンガーとして初の紅白出場も込めて。できればこの曲を歌って欲しかったけど(無理!)。


Paradise Lost(喰霊-零-OP)茅原実里
名曲ですな。「喰霊-零-」のラスト、マンガに続くラストにこの曲が流れて大感動!「アニメの最終話ラストにOPを流して感動させる」黄金パターンでした!唯一の欠点?といえば、茅原さん、もっと燃えるアニソンを歌ってください〜。


INVOKE -インヴォーク-(機動戦士ガンダムSEED OP)T.M.Revolution
以降続く、西川貴教アニソンシンガーへの偉大なる第一歩を記念して。
「ignited -イグナイテッド-(SEED DESTINY OP)」や「resonance(ソウルイーターOP)」、abingdon boys school名義での「HOWLING(DARKER THAN BLACK OP)」、「JAP(戦国バサラOP)」も熱い曲でオススメ。


Go For It!(IGPX OP)GRANRODEO
GRANRODEOも燃えるアニソンシンガーとして十分認めるべきではないだろうか。先に放送されたMUSIC JAPAN アニソンSP3ではちゃんと出て歌ってたんだけどなあ。GRANRODEOはブラスレイターのOPの「デタラメな残像」やNEEDLESS OPの「modern strange cowboy」なども熱い!
……が、ヴォーカルのKISHOWは俺にとってはいつまでも「鳴海孝之」(君に望む永遠アニメ版主人公・この名はZERO年代前半、超ヘタレ主人公の代名詞だった)なんだけどなあ(笑)。


そして僕は…(PRISM ARK OP)榊原ゆい
前も別ネタで紹介したけど、「ETERNAL BLAZE」「Paradise Lost」にも匹敵する燃える女性ヴォーカルアニソンだよ!中盤、歌メロと榊原ゆいの声色と相まって、1990年代中盤の林原めぐみ全盛期の感じが出ていて個人的にツボ。 このすぐ後に出した「片翼のイカロス(H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- OP)」もギャルゲアニメ用なのに熱い曲でしたね。以後アニメのタイアップは「にゃんこい」のOPとか萌え系にシフトしてるのがちと残念。


SOUL TAKER(The Soul Taker 〜魂狩〜 OP)JAM PROJECT
JAM PROJECT枠を代表して。この曲を最初に聞いたインパクトは今でも忘れられません。
以後、アニメタイアップ曲すべてが熱いので(あと特撮系へのタイアップも多いし、熱い曲ばっかり)書ききれませんが「嘆きのロザリオ(超重神グラヴィオンOP)」と最後まで悩んだことを記しておきます。


only my railgun(とある科学の超電磁砲OP)fripSide
2009年最後のクールで登場したこの曲も外せません。名曲なのは言うまでもない!
その前の「flower of bravery(恋姫☆無双OP)」もなかなかよかった(ヴォーカルが違うらしけど)。TVアニメ最終話、サブタイトルがサブタイトルだけにラストにこの曲流れないとは予想していたけど、美琴が最後の一撃を出すときに流れ出したときは震えたね! OPの作画によって格が上がるアニソンが多い中、「only my railgun」は、完成度で「超電磁砲」というアニメの格を押し上げたんじゃないかな(レベルアッパー?)


ライオン(マクロスフロンティア後期OP)May'n/中島愛
最後の1曲をどれにしようかといろいろ悩んだけれど、「アニソン」を牽引して勢いを加速させた「マクロスフロンティア」から燃える1曲を選びました。May'nは以後コンスタントに燃えるアニソン連発なのでこれからも注目。


以降、10選にもれた曲、を上げると
「Don't say "Lazy"(けいおん!ED)桜高軽音部」(悩んだんだけどなあ。売れたし好きだけど、作品世界を代表する曲ではないしなあ)
「空色デイズ」は燃え度合いがちょっとこの10選より爽やか寄りで弱かったかな。

「メリッサ(鋼の錬金術師OP)ポルノグラフィティ」、「READY STEADY GO(鋼の錬金術師OP)L'Arc-en-Ciel」(どちらのバンドもアニソンシンガーと言うとあっちが嫌がりそう?)、「nowhere(MADLAX挿入歌)FictionJunction YUUKA」(ヤンマーニで有名)、I'veの歌姫MELLの楽曲「Red Fracton(BLACK LAGOON OP)」「RIDE BACK(同名OP)」(ややヘヴィ過ぎるか)、「rise(攻殻機動隊SAC 2nd GIG OP)」(管野多すぎ?)、DOESの銀魂タイアップ曲「修羅(銀魂ED)」「曇天(銀魂OP)」(ややテンションが低めで好悪分かれそう)、「鉄のララバイ(ボトムズ ペールゼンファイルズOP)柳ジョージ」(※ボトムズ好きなもので……)
I'veといえばシャナやインデックスなどの川田まみの楽曲も今回は次席扱いで。
「mind as judgement(CANNAN OP)飛蘭」も結構捨てがたい名曲でした。

あと坂井ミキオの楽曲「Drastic My Soul(スクライドED)」「Dive in the Sky(プラネテスOP)」やナイトメアの楽曲(「デスノート」などの日テレ系タイアップ)など。
FLOWの曲も結構好きで入れてやりたかったけど、「DAYS(エウレカセブンOP)」「COLORS(コードギアスOP)」とか「スケールの大きな爽やか系」なんで「燃える!」曲とは相容れなかったかな。

そんな訳で、勢いに任せて書いて見ました。

※ちなみに私、「BREACH」や「ナルト」、「REBORN」などの原作付きアニメ、朝アニメなどはほとんど見てないので今回の選出にはそもそも考慮してません。でもこの10選でまず大丈夫だと確信しております。

もしかしたらいきなり曲が変わってたり、曲のyoutubeリンクを張ったりなどの改稿するかもしれません。

あと最後に

「畑亜貴はやっぱりとってもすごかった!」


ではまた

※8/27一部修正
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


身近な平行世界

2010/08/17 16:04
皆さんはパラレルワールドというものをご存じだろうか。


パラレルワールドとは、ある世界(時空)から分岐し、それに並行して存在する別の世界(時空)を指す。「四次元世界」や「異世界」などとは違い、我々の宇宙と同一の次元を持つ。並行世界・平行世界と訳される。並行宇宙や並行時空といった呼称もよく使われる。(以上Wikipediaより)


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」において、タイムマシンで過去の出来事を改変して未来に戻ると、慣れ親しんだ世界から大きく変化してた世界の成り立ちをパラレルワールドへと移動したという形で説明していた。しかしあくまでSF的な概念であり、その存在を誰も証明できないし、そんな事例は存在していない……と言われていた。

がしかし、自分が盆の帰省中に読んだ書籍の中で、パラレルワールドによって一部だけ世界が改変された事がいくつも綴られていた!
恐ろしいことに、世界が改変されているというのに、誰一人それを疑問に思わないのである。

多くあるそのパラレルワールドによる世界改変の驚異的な例を以下に記してみることにする。


ケースその1 新聞記者

(改変前)
新聞社に勤める無頼派。
権力者の前でも物怖じせず、逆境を自らの経験と知識でそれを打破する強さを持つ。
高名ながら傲慢な父親の虐待によって母親と死に別れ、激しく父親を憎んでいた。


(改変後)
朝から二日酔いでダラダラ過ごす給料泥棒。
困った事があると会社の上司や役員はもとより、知人の百貨店社長、政財界に通じる大物中国人、政権党幹事長など権力者にお願いすることもしばしば。
芸術の為にはすべてを厭わない父と、それを全身全霊をかけて応援する母の間に生まれ、病没した母の死因を父親のせいとしたのも、彼の父親へのコンプレックスとコミュニケーション不足が原因と確定される。周囲から「幼い」「マザコン」と蔑まれる。後に結婚相手の内助の功で父親と和解する。


ケース2 中米発掘物伝説

(改変前)
19世紀。
遺跡発掘を数多くこなした学者の息子
父親が中米で発見した発掘物がもとで発掘隊は彼を残して全滅。発掘物がさらなる災害を引き起こすと感じた彼は対抗するためにアジアの特殊な体術を学ぶ。
その後、英国で発掘物とその災害を再発見し、英国人の弟子と共に災害を防ごうとするも、その戦いのさなかに命を落とす。生涯独身であった。

(改変後)
学者の息子は「妻子を捨てた」ことになっており、その孫は祖父と同じアジアの体術を学ぶ。同じくアジアの体術を学んだ英国人の弟子の孫と協力し、イタリアやアルプスで災害を起こす不死の中米人(三人組)と戦う。

※英国人の弟子の孫は後に自分の息子とアジア・中近東を旅してエジプトへ向かう旅をするが、その道中、仲間のインド人が特殊な銃弾で眉間を「後頭部まで打ち抜かれて血を流して死亡」したはずだったが、「手当をしただけ」で後に復帰した。これも世界改変がなす現象と思われる。


ケース3 高卒の電線工

(改変前)
高校にスポーツ進学したにも関わらず、入学後に負傷退部したせいで性格がひねくれ、周囲に迷惑をかける不良。
当然進学は無理で、高校卒業後、電線工として就職。
高校時代から交際していた相手と結婚したは良いが、医師や周囲の警告にも関わらず病弱な妻の自宅出産を強行して亡くす。無事に生まれた子供も育児放棄の末、高熱を煩る危険な状態の中、冬の寒い日に外に連れ出してこれも死に至らしめる。

(改変後)
なんかたくさんの光が光った後、出産は無事成功。娘と三人で幸せな家族生活を送る。
ちなみに、娘は後に小学生ながら単独世界一周旅行を敢行する。



このほかにも「恋人を強奪して街一つを支配した男」「その恋人を強大な敵(個人)から救うために死んだことにしてその罪をかぶった義の男」に変貌していたり、「死亡確認されたはずが生きていた」「1976年に中学生だった舞台女優が、二十歳前後(1980年代前半?)にも関わらず、21世紀初頭にしか個人所有できないと思われる形状の携帯電話を所持・使用している」(※この女優の周辺では数限りなく世界改変が行われているという噂がある)など世界改変の動きは枚挙に暇がない。
皆さんの周りにも世界改変の動きはないだろうか?

注意すれば発見できるかも知れません。

ではまた

美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)
小学館
雁屋 哲

ユーザレビュー:
食糧危機の時代から読 ...
いちいち解説せずに黙 ...
究極のメニュー 人気 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美味しんぼ (1) (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス)
集英社
荒木 飛呂彦

ユーザレビュー:
色褪せない名作スタン ...
原点なので、是非読む ...
何度見ても面白い久し ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



CLANNAD メモリアルエディション 全年齢対象版
KEY
2010-05-28

ユーザレビュー:
全年齢対象とか書いて ...
廉価版(?)です。K ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CLANNAD メモリアルエディション 全年齢対象版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F1GP 第12戦を終えて

2010/08/08 06:37
F1も夏休みを迎えましたが、ヲタオッサンTはまだ来週仕事です。

で、今更ですが前の2戦、ドイツとハンガリーについて簡単にまとめを。

第11戦ドイツGPは開幕以来の復活を果たしたフェラーリが1−2フィニッシュ。ただし「アロンソの方が速い」のあの無線でトップのマッサが2位に後退したので物議を醸すことに。
チームオーダーに非難があげられてるけど、「フェラーリはそういうチーム」であることを忘れてはいけない。まあとにかくこのレースではレッドブル勢を抑えることができたフェラーリのチームとしての勝利だったね。


第12戦ハンガリーGPは、まず冠スポンサー?が読めないので結構面食らった。地元の企業なのかな。冠スポンサーと言えば、今年はとにかくスペインのサンタンデール銀行(アロンソ&フェラーリのスポンサーでもある)が多くのレースで冠スポンサーなのには驚くね。日本GPで中国の銀行が冠スポンサーになったようなもんだよ?
スペインの国自体はリーマンショックの影響でギリシャに次ぐくらいGDPが落ち込んで不況らしいけど、金はあるところにはあるってことだなあ。

あと、レース開始前の空撮で、あのコース以外何もなかったハンガロリンクのサーキットのすぐ横に複合プール施設(遊園地?)ができていて、ウォータースライダーを楽しそうに滑っていた観客達の姿が印象的だったなあ。鈴鹿とかに学んで総合レジャー施設になってるのかな。富士もコース以外の施設を充実させておけばなあ……。

さてレースはセーフティーカー時にタイヤ交換をせずにタイヤを使い切った?作戦でウェーバーが優勝。ベッテルはセーフティーカーラン時にアロンソを押さえようと前と間隔を開けすぎたのが違反でドライブスルーペナルティ。前に出たアロンソはベッテルを押さえてなんとか2位。ここで注目点はベッテルのこのピットイン時に前に出られなかったマッサかな。ペースが上がらなかったのかも知れないけど、その後チームから情報を与えられなくなったりと散々。

で、終盤のシューVSバリチェロのバトル(というか明らかにシューの速度不足)で、バリチェロが抜くときに「クリーンでない」ブロックをした事が物議をかもした。「またやりやがった!」が正直な感想。モナコラストの隙間抜きといい、シューの勝負への執念が露骨に出てきたシーンだった。でも、あれがシューだよね。

1995年、97年の最終戦までもつれたタイトル争いで、デーモン・ヒル、ジャック・ヴィルニューヴにぶつけてでもタイトルを取ろうとした男(前者で成功してチャンピオン、後者で失敗して全ポイント剥奪)は変わっていなかってことの証明だったね。
まあ、あれだけF1での超人的なタイトルや記録を持って引退しておきながら、満足せずにまた復帰してきたんだから、並々ならない貪欲さを持っているのは分かっていた事だろうけどね。

個人的にはシューの復活よりもロズベルグの初優勝を期待してるんだけどなあ。

ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


7月期注目アニソン

2010/07/25 20:45
さて7月も3週間終わり、遅まきながら7月(夏)期のアニソンについて注目曲の簡易まとめ。

※あくまでOP、EDの評価で、作品自体の評価とは関係ないのであしからず。


けいおん!!後期OP、ED

予想通り、2クール作品なのでOP、ED共に変更したね。
……「Utauyo!!MIRACLE」はそりゃ悪くないけど、「GO GO MANIAC」に比べて歌メロはかなり普通(「GO GO〜」がトリッキー過ぎるんだけど)。キーが高い事を除けば、それほど歌うのは難しくない印象。イントロからベースがドライブする感覚は、どっかで聞いたような印象があるんだけど、思い出せねえ……。
京アニにしてはOPの作画がイマイチなのも曲の印象に影響を与えているかな。
EDテーマ「NO,Thank You!」は「Listen!」よりは良くなったけど、やっぱり印象が薄い……。すべては「Don't say "lazy"」のせいなんだけどね。


黒執事U
SHIVER(the GazettE)
今期ヲタオッサンTがカラオケで一番歌いたくなったのがこのOP。
ANIPREX系列としてはベタにTクール目のOPとしてカッコイイ目の曲。
(※SONY系なんで、たぶん2クール目はかなり作品に合わない曲がタイアップされる可能性が高いけどね)

格好良さではHODこと「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」のOP
「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」(岸田教団 & THE 明星ロケッツ)がダントツか。
ハードロック好きにはたまらないイントロからサイコー。
……だけど、ヴォーカルの歌い出しのワンフレーズ目「○○現実感なくした〜」(歌詞がちょっと不明)あたり、あれって音外してるよね? その後は悪くないだけにマイナス。

あと、カプコンは「デッド・ライジング3」としてこの作品をゲーム化すべきだと思った。

(8/27修正 ※セガのゲームと勘違いしてました。)

で、個人的に、今期一番のサプライズはなんといっても生徒会役員共のED。

「蒼い春」(angela)
あのカッコ良くも憂いを奏でるメロディライン&ヴォーカルのangelaが、こんなにも明るくPOPな曲を伸び伸びと歌っているのに感動。合いの手も多いので、かなりライブ映えする曲になると思います。

ヲタオッサンTの個人的な7月期の最大の注目作品は、作画と話の安定性で「オオカミさんと七人の仲間たち」かな。声優どころも超メジャー系をずらっと揃えていて、3話では釘宮vs豊崎のバトルも楽しめる。音楽はフライングドック系でOPの「歌シェリル・ノーム」ことMay'nの「Ready Go!」 はいつも通りのド安定外れなしSONGだね。

ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゲイツの取り分

2010/07/16 20:53
「天使の取り分」という言葉をご存じだろうか。

ワインやウイスキーなどを醸造する際に、樽に貯めておくと、水分が幾分か蒸発して目減りすることをちょっと詩的に表現した、なかなかの言葉ではないでしょうか。
ハイボール、うまいよね〜。

※いきなり話は変わるけど、最近の若い人はビールを飲まないそうで、仕事を終えてあの苦み&アルコールによる酔い(というかハイな気分)を堪能できないようでは、人生のかなりの部分で損をしてると思うよ〜。


さて、これに習って、パソコンのハードディスク(内蔵・外付問わず)を使用するためにフォーマットしたら、表記されている容量より目減りしてる(「1GBの外付買ったのに、フォーマットしたら931MBしか使えねえっ!」という事態)も同様に言うらしいのですが、俺や仲間内ではOSによって名前を変えてます。

(詳しくはWikipediaあたりで調べてね)

すなわちWindowsパソコンでこの状態の事をこう呼びます。

「ゲイツの取り分」と。

フォーマットの仕方によっては多少分量は変動するんだろうけども、1GBあたり70MBってことは、現行消費税より割合が高いんだよ? 7%だよ?


…それがどうしたって話ですが。


で、同様に、MAC系及びApple製品(iPodとか)で同様の目減り分のことは


「ジョブズの取り分」と呼んでいます。


ではまた
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最強の声優論

2010/07/13 20:49
やあ皆さん久しぶり。

今日は7月期アニメの話かと思いきや、

エロゲ(18禁美少女ゲーム)の話ですよ。

というかエロゲ声優(18禁美少女ゲームであんあん喘いでいる人たち)の話ですよ。
ようやくこのBlogの題名通りの話(日常生活で誰とも話せない戯れ言)を書くことができます。
興味ない人は完全スルーの方向でよろしくお願いしますね。

ときメモなどのコンシュマー恋愛ゲームで出会って、そこからスライドして18禁ゲームを買う層が大幅に増大したのが、たぶん1990年代後半だったと思います。

メーカーも、発売点数も爆発的に増えましたね。
しかしピークはどうやら過ぎて、廃業する大手メーカーも増え、ネットの話題を牽引するような大作も数が減るばかりな昨今。

ちなみにヲタオッサンT自身は、エルフの「ドラゴン・ナイト(無印)」が初エロゲーでした。NECのPC-9801用。
20年以上前のゲームですなあ。
起動方法はコンシュマーゲーム的で、データの入った5インチフロッピーディスク2枚をスロットに差し込んで、PC本体のリセットスイッチを押すとOS(MS-DOS)ごと再起動してゲームが始まる感じ。
インストールなんて作業は不要! 
だってハードディスクなんて莫大な値段で、個人用パソコンになかった時代だもの。
(「同級生」のPC-9801版はたしかフロッピー8枚組(A〜H)じゃなかったっけ?)

むろん、キャラクターのボイスなんて高級なものは入ってません。
ボイス入りゲームが普及するのはCD-ROMが普及した、Windows95になってからだったなあ。
あのころ、いろいろなゲームでお世話になりました、こおろぎさとみさんに「とってもとってもとってもよく似た声質の声優さん」!
さて、そのボイスと言えば、今ではエロゲ業界もそれなりに大きくなったので、エロゲ専門にキャラクターボイスをあてる声優も山のように増えました。というか、今もまた増えています。


そんなわけで、今回はエロゲ専門(いわゆる裏系)声優の話。

そこでばっさりと、最強の声優って誰でしょう?

豊崎愛生? 堀江由衣? 田村ゆかり? 水樹奈々? 

それとも
後藤麻衣 ? 生天目広美? 伊藤静? 浅川悠? 櫻井浩美? 田中涼子? こおろぎさとみ? 氷青?

いえいえ、ヲタオッサンT的には

現在最強の声優は「榊原ゆい」に決まってます!

もう、断言できるね。


「榊原ゆい」を知らない?

アニメにもなった「プリズム・アーク」のメインヒロイン、プリーシアの声をあてているだけでなく、アニメ版主題歌にして俺的2007年度アニソンベスト3に入る名曲「そして僕は…」(純粋に曲としては同年の「もってけ!セーラー服」を超えてると思う)を歌っています!
※註 ヲタオッサンTは「カッコイイ曲」をなにより評価します。

あと、アニメ「にゃんこい」の主題歌も歌ってたなあ。

そして僕は…

※検索すると、当人出演のPVも拝見できます。


ちなみにヲタオッサンTは「榊原ゆい」は桃井はることボイスベクトルが一緒だと思ってます。
(というか、最初に榊原ゆいの歌唱を聞いて「モモーイ、新曲は歌が上達したなあ」と勘違いしたのはココだけの秘密だ!)

さて、「榊原ゆい」が「声優として」最強なのは、以下の理由からです。

よく18禁のPCゲームがヒットして、コンシュマーゲームに移植したり、アニメ化したりするじゃないですか。
で、よくあるのが一般のアニメで超有名な声優(それこそ田村ゆかりや堀江由衣など)に差し替えるというパターン。

え? 声優が変更することは今もよくあるって?
まあ待ちなさい。それはもう一つのパターンと決定的に違うところがあるのです。

もう一つのパターンとは、元のゲーム版の声優と何故か「とってもとってもとってもよく似た声質の声優さん」に代えられているパターンです。
先の超有名声優への差し替えバージョンだと、たしかに見知った声優が声をあてている事がメリットと言えますが、元の18禁版ゲームをプレイして好きになった人々(そもそもコンシュマー移植、アニメ化への原動力となった方々)からは、好きだった世界観を壊されたような違和感が気になったものです。
ちなみに私は、この超有名声優への変更パターンを「スタチャ系(配役)」と呼んでいます(いえ、他意はありません)。
※ちなみにこの「スタチャ系」という呼び名は今回の本筋とは一切関係ありません。

さてそのもうひとつの「とってもとってもとってもよく似た声質の声優さん」への交代バージョンですが、信じられないほど元のPC版との違和感がないのです!
たしかに元のゲームとは声優名が違いますが、コンシュマー版やアニメ版を違和感なく見ることのできる最適の配役なのです!
アニメ3期を無事に終了した「真・恋姫☆無双」シリーズなんて、よくぞこれだけの「とってもとってもとってもよく似た声質の声優さん」を集めたものです!
PCゲームからコンシュマーへ版の移植したものをプレイしても「どう考えても同じ音声ファイルだろ」と思わず唸ってしまうほどボイスベクトルが酷似しているのです!
でも、公式で発表がない以上、彼女たちは「とってもとってもとってもよく似た声質の声優さん」以外の何者でもないのです!

※この不文律が崩れない理由には、CIRCUSというメーカーによる「水夏 〜おー・157章〜」事件がおおいに関係しいると個人的に思っています。知りたい人はググってください。

そんな中、公式に18禁版ゲームの声優として、またそのゲームが移植、アニメ化されても堂々と同じ名前で活動している声優がいます!
そう、それが今回の本題、「榊原ゆい」なのです!

え、18禁の色っぽいシーンのボイス程度、洋画の吹き替えと同じで、必要とあれば誰でもやるだろうって?

たしかに競争率が激しくなったアニメ業界。田村ゆかりがエロ系台詞を連発した「B型H系」が放送されたのも記憶に新しいところ。

「榊原ゆい」にもそういうタイプのキャラクターもたくさんいます。(先のプリーシアとか、ユニゾンシフトのチュチュとかのわりとメジャーなあたり)

しかし「榊原ゆい」最強にはちゃんと理由があります。彼女がその名で演じた18禁版のゲームで明らかに「痴女・変態系」キャラもいるのです!


それがニトロプラスの2008年に発表された大傑作ゲーム「スマガ」のサブヒロインの一人、日下部雨火(くさかべあまほ)だったりします。主人公と会話するたびに変態妄想連想ゲームを勝手に始めるこのヒロイン(やや鬼太郎似)、いろんな意味で最強!
 
その攻略ルートに入っても「変態だー!」(AA略)が連呼できる展開、ぴったりハマって笑える展開に。
この強烈キャラを(たぶん嬉々として)演じたのが「榊原ゆい」
それも堂々と表と同じ名義で!(ニトロプラスの公式ページで確認できます)

もしスマガでの「榊原ゆい」同姓同名の別人だったとしたら、その熱演ぶりは表名の「榊原ゆい」裏名の「榊原ゆい」を名誉毀損で訴えて、最高裁までパーフェクトに勝訴できるくらいぶっとんでたぜ!(褒め言葉)

というわけで最強の声優は 「上原ともみ」よりも、「豊田まこと」よりも、「犬山遊々」よりも、「青戸由羽」よりも「榊原ゆい」なのです、そうでしょう水橋かおりさん!

「藤野らん」よりも、「九条信乃」よりも、「立花舞」よりも、「西岡えり子」よりも、よりも「榊原ゆい」なのです、そうでしょう後藤邑子さん!

安玖深音よりも、手塚まきよりも、三咲里奈よりも神代岬(&上和田美都)よりも風音よりも一色ヒカルよりも河合春華よりも海原エレナよりも「榊原ゆい」なのです!

というわけでがんばってください「榊原ゆい」さん!

※注:個人の感想です(笑)。


TVアニメ「プリズム・アーク」オープニング主題歌「そして僕は...」【初回限定盤】(DVD付)
MEDIA FACTORY,INC.,(CED)(M)
2007-10-24
榊原ゆい

ユーザレビュー:
う?ん・・・榊原ゆい ...
いい曲だと思います。 ...
まあまあサビ以外の部 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



スマガ 通常版
ニトロプラス
2009-05-22

ユーザレビュー:
これは・・!これはす ...
最高!!名作の出来! ...
ここ最近で最高の良作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カバー曲選考基準

2010/07/04 21:08
私立桜が丘高校軽音部「放課後ティータイム」に演奏して欲しいアニソンシリーズその7!


OK!(歌 松本梨香 ポケットモンスターOP : 2000年)


そんなわけでまさかのポケモン主題歌。
これがすごくROCKしてる隠れた名曲で、まあポケモンアニメを三回くらいしか見てない俺もノックアウトされました。
もちろん最初に耳にしたのはStarDigioのおかげなんですがね(当然CDもGETしました)。
松本利香が爽やかに歌っているので一見気づかないかもしれないけど、演奏は完全にハードロック!
ギターソロがまたカッコいいんだ!
そんなわけで、その後彼女が仮面ライダー龍騎(2002)のOP「Alive A life」を経て、JAM PROJECTメンバーとなったのもむべかるかな、と。


さてこのシリーズ、あと3曲くらい予定してるんですが、その選曲基準を簡単にまとめておきます。

その1 女性ヴォーカルであること

「放課後ティータイム」にカバーしてもらうのに、男ヴォーカル曲はちょっと……。
この縛りのせいで、俺の好きな曲の半分以上(水木が、ささきが、子門が、影山が、遠藤が……)がばっさりアウト。
レイズナー主題歌「メロスのように」なんか爽やかでいいんだけどねえ。


その2 バンド形式(ギター、ベース、ドラム、キーボード)で演奏できること
カバーしてもらうんだから、演奏できる音の編成でないとね。
そうはいっても、「ここはキーボードが鳴らしてる!」と管楽器を誤魔化した「ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット」もあるんですが……。
ここらでオーケストラ編成が必要な曲はアウト(「マクロス」とかモスピーダ主題歌「失われた伝説をもとめて」なんかも)


その3 ドラムがリズムを刻んでいること

別に田井中さんへの思い入れが強いわけではなく、これがあるとないで、バンド編成的な曲になるかどうか大きく変わってきます。リズムを刻んでるのがシンセだと、やっぱりねえ。
ただ、ここにこだわってせいで、1990年代の林原めぐみの主要曲はほぼアウト。
さらに、一番カバーして欲しかった80年代ロボットアニメの主題歌(というか1980年代の主要なアニソン)もアウトだった!(バックがシンセばっかり!)


その4 とにかくカッコイイ曲であること

先に謝っておく。
唯ファン、ごめんなさい〜。
結局この選曲の念頭にあるのが澪=日笠陽子声(ていうかぶっちゃけ「Don't Say Lazy」)のバンド編成であって、そもそもそんなバンドにかつてのアニソンの名曲をカバーしてもらいたい、というところから始まってます。
ではそのカッコイイ曲とはなんぞや、と言われればこう説明できます。

「アクションシーンや戦闘シーンのBGMにかかってもおかしくない曲」
だからバラード系、ほのぼの系は除外させてもらってます。

そんなわけで、癒し系の豊崎愛生声向きの曲はまったく選曲外なのです。申し訳ない。

7月に入って、新番組が続々と始まってますね。
また良い曲がたくさん発表されることを期待してます〜(うわ、なんかへんなまとめ)。

(カバーの話を書いてたら本題書く時間がなくなった…)

あるネタを書いてるんだけど、まだまとまんないや。

じゃあまた次回。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プライベート・ライアン

2010/06/28 20:20
はいみなさん、今日はアニメでもワールドカップでもなく、誰も興味ないであろう「プライベート・ライアン」について書きますよ(と書きかけて一週間…ようやく完成)。

映画「プライベート・ライアン」(原題:「Saving Private Ryan」)といえば、1998年のアメリカ作品で、1990年代屈指の戦争映画と断言できます!
監督のスピルバーグはこの作品でアカデミー監督賞を獲得。作品賞はノミネートのみ(ちなみに最優秀作品賞は「恋におちたシェイクスピア」でした。俺は見たことないけど)。

その「プライベート・ライアン」のBlu-ray版ソフトがこのたび発売されて、久しぶりに見たので(ハイビジョン画質では初!)、その感想に絡めて戦争映画についてダラダラと書いて見たいと思います。

ヲタオッサンTは軍事好き(オタクでもマニアでもなく。あくまで「好き」の範疇で、濃い連中の足下に及ばないので)で、特に兵器の中でも第二次大戦で活躍した「タイガー戦車」(ティーガー戦車)には格別の思い入れがあります。
6号E型戦車!6号E型! 
まあヲタオッサンTの世代なら知ってて当たり前の知識の一つなんですけどね。
さてそんな「タイガー戦車」好きには、この映画はたまらない内容なんですよ。

正直、この映画が公開されると聞いた当初、
「スピルバーグが戦争映画?「シンドラーのリスト」の監督だろ?「ナチは悪人悪人」のぬるい内容だろうし、見ないでもいいかな」との第一印象。
ところが、深夜にTVで放送された直前公開宣伝番組を見たら「おおっ!タイガー戦車出てるじゃん! 内容なんかどうでもいいけど、絶対見に行く!」と手のひら返し(笑)。
決心して見に行って、その革命的内容に圧倒されました。

よく言われることだけど、冒頭のオマハ・ビーチでの激戦は圧倒的!
機関銃弾がいかに人間を簡単に殺戮できるか、観客席を迫真の戦場に切り替え、リアルな「史上最大の作戦」を追体験させてくれます。
ただ、今回発売されたBlu-ray版は(たぶん意図的なんだろうけど)フィルムグレインが多めで、引いたカットだとノイジーな印象の画質なんで、ちょっと俺の好みとは違って……うーん。いや、作品は好きなんだけどね。

さて内容は7人の侍よろしくトム・ハンクス以下7名の選抜隊がノルマンディー半島奥地に空挺降下したジェームス・フランシス・ライアン(マット・デイモン)二等兵(階級を英語でプライベート。一等兵という話もある?)を探しに行く……まあこんな内容は他のサイトで調べればいいか。

とにかく終盤の「橋を守る為に、重武装なしで戦車&SS部隊と戦いぬく」という展開がまたイイんだ、これが!
ドイツ製ケッテンクラート(後輪がキャタピラのバイク)をおとりに使ったり、20ミリ機関砲が歩兵を無情にザクザク切り刻んだり、オープントップ型のマルダーV自走砲を倒すために火炎瓶を投げ入れたり(実際炎上させてる!)、アメリカ製のバズーカ(歩兵携行用ロケット弾発射装置)だけでなくドイツ側のパンツァーシュレッケ(同装置)も出してきたり。軍事系、タミヤプラモファンなら感涙のシーンてんこ盛り!

そして圧倒的な破壊者として登場する「タイガー戦車」!

たとえキャタピラ部分がソ連製T-34そのままであっても(ドイツの重戦車は独特の二重転輪構造で、実写での再現はかなり難しい。今ならCGで丸ごと作れるから楽だけどね)歩兵を轢き殺そうと襲ってくるその描写はドキドキさせられたものです!

リアルな「コンバット!」(かつてあったアメリカ製の二次大戦TVドラマ)を目指したと思われるこのバトルシーンは、冒頭のオマハ・ビーチに比べると映画的すぎるきらいはあるものの(トム・ハンクス、マット・デイモン達がまっすぐ走り抜ける横を敵部隊がガンガン発砲してるのに当たらない描写でも明らか)、戦争映画好きにはかなりのフルコース料理的サービスでいっぱいでした。

さて、この「タイガー戦車」、第二次大戦ヨーロッパ戦線を描いた戦争映画ではよく名前が出てくるものですが、本物が出てくる映画はほとんどないのが実情。敗軍の兵器の上、もともと量より質の国でそもそも生産量が少なく、おまけにこだわりのドイツ人がデザインした複雑な工業製品であるのが災いして戦後には稼動する実車がほとんどない悲しい事実(フランスの軍事博物館で年に一回稼動させて観客に披露される実車があるとか)。そこで映画の中では「戦車が出ればタイガーよ!」とばかりにアメリカ製戦車(シャーマンとか)にドイツ軍マークをつけて「お手軽タイガー戦車」が続々と登場して、見ている方を寂しい気持ちにさせ続けてきました。

そんな中、「プライベート・ライアン」と併せて「三大タイガー戦車映画」と呼ばれる作品があります(まあ俺が言ってるだけですが)。
以下簡単に説明。

「ヨーロッパの解放」
旧ソビエト連邦製の、国家の総力をあげて、いかに祖国がドイツからの侵略を駆逐したかを五部作(約8時間)で描いた超・超大作映画。
ここに出てきたT-55(戦後のソ連戦車)改造タイガーはなかなかの再現度。国家予算で「生産」したんだからそりゃ凄いことに。
というか映画開始早々から「1943年にヒトラーへのお披露目として出てきた最新戦車」役で登場(そりゃパンサー戦車だろ!とつっこみましょう)以後、戦車や航空機が広大な戦場を列をなして戦うシーンが、あくびが出るほどダラダラと続いて、誰が何をしてたかよくわからないまま映画は終了(笑)。映画全体は正直言って退屈だけど、個々のシーン的にはあきれるほど凄かったり、そもそも出てくる車両などの物量の凄さに、やっぱりHD画質で見てみたい映画の一つです。まだソフト化の予定もないけどね。

「戦略大作戦」(Kerry's Hero)(1970年)
クリント・イーストウッド主演の、コメディタッチの金塊強奪戦争映画。戦線の向こうにあるドイツ軍占領地の銀行に金塊が預けてあるのを知った若き頃のイーストウッド演じるケリー元中尉を始めとした濃いメンバー達(ジャック・バウアーことキーファー・サザーランドの親父ドナルドや刑事コジャックことテリー・サバラスなど)が戦争そっちのけで金塊目指してまっしぐら!
彼らの前進を耳にした将軍は、彼らの独断行動を「勇気ある英雄達!」と勘違いして部隊を前進させる始末……
そして金塊の銀行には、タイガー戦車が三台で守っていた!

そう、そのタイガー戦車こそ「戦略タイガー」と呼ばれ、長らく映画の中でもっとも実車ソックリな最高傑作として評価されてきたものです。
その「戦略大作戦」が7月にBlu-ray版(それもいきなり低価格で)発売が決定しました。ええ、当然Amazonに予約しましたとも!
同時に同じイーストウッドの戦争アクション「荒鷲の要塞」も低価格Blu-rayで発売。こっちはイーストウッドのサブマシンガン両手二丁撃ちとかロープウェイでのアクションとかちょっと荒唐無稽な作品なんですが、なにしろOPテーマが「これぞ戦争アクション!」的に胸を張って鳴り響かせて、凄くカッコイイのでおすすめ(タイガー戦車は出ませんが(笑))。

さて、こんな「戦争映画の戦車」について興味を持ったなら、天才アニメーター、土器手司氏の「映画の中の戦車」というサイトを調べてみるべし! 読み応え十分。


そんなわけでまた
戦略大作戦(Blu-ray Disc)
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-07-14

ユーザレビュー:
ふ ざ け る な映 ...
ニューシネマ時代の痛 ...
文句なし!伝説的戦争 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



荒鷲の要塞(Blu-ray Disc)
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-07-14

ユーザレビュー:
イーストウッドのキャ ...
ストーリーは二転三転 ...
Where Eagl ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-06-11

ユーザレビュー:
特典ディスクを推す。 ...
私だけ生き残ったこの ...
HDで観る「プライベ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


F1第9戦ヨーロッパGP

2010/06/28 19:58
2010年第9戦ヨーロッパGPで、一番株を上げたのはカムイだ!

まさかまさか、あのコースで、たしかにソフトタイヤ新品ではあるものの、地元アロンソ、ブエミの2台をオーバーテイクしてしまうとは!
あのマクラーレンのバトン(このレースのファステストを記録!)ですら、カムイを抜けなかったにも関わらず!
いやあ、カムイの潜在能力を示してくれたねえ。

で、結局「他車のペナルティでカムイは一気に4位」は幻と消えてしまったんだねえ。
もっと厳しく取り締まってよ、フレンツェン!

あと、その前のウェーバーのクラッシュも凄かったよね。
思わず1992年ポルトガルのリカルド・パトレーゼのメインストレート回転クラッシュ、1993年イタリアGPでのクリスチャン・フィッティパルディのフィニッシュ回転を思い出しちゃったよね。オッサンだなあ(笑)。
それにしても、コース上でのまともなオーバーテイクはカムイだけってのは、あのバレンシアのコースは本当に見応えのないサーキットだなあ……。

それにしても、このレース、フェラーリ(イタリア勢)の不調、オーストラリア敗退、日本躍進と、現時点でのワールドカップの結果にちょっと似ていて面白い!(とか書いたまま置いてたらイギリス敗退してるや)

ではでは
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クェイサー主題歌「Errand」

2010/06/16 21:43
じゃあ、ナイトレイドのエンディングはガチャピンが歌ってるのかよ!(正解はHIMEKA)

はい、ネタがわからない人はどんどんおいて行くからね〜。

仕事終えてだら〜っとアニメ見ながら酒飲んで過ごしてたら、もう寝る時間に、みたいな毎日で、正直ここのブログのことを忘れてる日もあるね。仕事中にネタを思いついても、また翌日の仕事中に更新し忘れてるのを思い出したり。ダメなオッサンですわ。

そんなわけで、忘れてたネタを一つ。
もう主題歌も変わって完全に風化したネタなんですが、まあソフト発売記念がらみということで。


内容が変態過ぎて地上派本放送では何をしているのかサッパリ不明な授乳アニメという噂の「聖痕のクェイサー」の前期オープニング・テーマ「Erarand」(以下ER)ってありますよね。
CANAANの主題歌「mind as Judgment」で激戦のアニメシンガー枠で赤丸急上昇をはたした飛蘭(フェイラン)の歌う、ミドルテンポから後半にかけて激しくなる、なかなかの名曲ですよ。


あの曲、確かに良い曲なんですが、なんか引っかかりません?

特に茅原実里ファンの方とか。

「喰霊-零-」がとっても好きだった人とか。

何が言いたいかって?


…あの曲って、「喰霊-零-」の主題歌にして名曲「Paradise Lost」(以下PL)と曲構造が同じなんですよ。
ちなみに2008年の個人的アニソンTOP5に入ります。


いえ、メロディとかが一緒ではないですよ。そこまで手を抜いて作ってはいません(と思う)。

が、イントロからヴォーカルが低い調子(マイナー調っていうの?)で入ってきて

ER:「凍てついた目が語る〜」
PL:「聖なる瞳が〜」

2ブロックほど同じ感じのテンポで続きます。

ついで

ER:「始まるよ〜」
PL:「消えるよまた〜」

のブロックでテンションがどんどん上がり、ラストでサビに向けて盛り上がります。

でサビの
ER:「赤く染まれと〜」
PL:「ここは裏切りの〜」

サビではなんとなくメロディも似てるような…。ヲタオッサンTは音楽理論は皆無なので(平沢唯以下の自負はある)、どこがどうとは言えませんが。
まあ似てるも何も、両曲の作曲者はElements Garden系なので、「曲形式の再利用」ってことなんでしょうかね。

オタ界隈ではとっくに旬を過ぎた話なのかもしれませんが、まあ参考までに。
(「Paradaise lost Errand」で検索したら、みんなそう思ってて遊んでるんだな)

ただ、やっぱり曲としては「Paradise Lost」の方が上だよね。イントロでのストリングスアレンジを聞いているとゾクゾクしてくるものね。
イントロでのストリングスアレンジと言えば全然今回の話と関係ないけど、アニメSolaの主題歌「colorless wind」(2007年)も良かったねえ。
でも、あの曲はヴォーカルが始まるとメロディがちょっともたついて「あれあれ?」な感じで曲全体では弱かったね。

「喰霊-零-」のBlu-ray BOX発売&BS11での再放送で書いちゃいました。
作品自体もいろんな意味で凄かったので、未見の方は是非チェックを。

喰霊-零- Blu-ray Disk BOX (初回限定生産)
角川映画
2010-07-23

ユーザレビュー:
絶対出ると思ってた! ...
いいSDサイズと間違 ...
ま、待ってました!! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


けいおんメンバーの精神年齢

2010/06/07 20:55
私立桜が丘高校軽音部「放課後ティータイム」に演奏して欲しいアニソンシリーズその6!

「ブルーウォーター」(1990年 ふしぎの海のナディアOP)歌:森川美穂


言わずと知れたエヴァの庵野監督の初TVシリーズ。
番組内容としては「因縁があるだけで活躍しない主人公(むしろ展開のジャマ)」という、後の碇シンジに引き継がれるヒロイン、ナディアを中心とした、「海底二万哩」をかなりエンターテイメント寄りに解釈したアニメ。巨大ロボ以外はなんでもありな展開で毎回楽しめたなあ。

で、曲自体ははっきり言って、このフルサイズよりTVサイズバージョン(サビのアカペラで始まる)の方が曲構成として出来が上という珍しい曲。NHK総合で放送していた事もあって、40話近くあるTVシリーズでも歌の変更が行われなかった(後半部の一部の作画が展開に従って変更された程度)

非常に個人的な意見ですが、当時買いあさったナディアの全BGM(エヴァの鷺巣詩郎氏作曲)のどれよりも、アルバムのおまけ同然に作られた挿入歌「万能潜水艦ノーチラス号」(作曲:田中公平)がカッコ良さでダントツだったのを思い出します。これで田中公平氏のセンスに脱帽したものです。

次回くらいにこのシリーズの選曲基準を書きたいと思います。


さて今回もメインの内容は、われらが「けいおん!!」の主要登場人物、「私立桜が丘高校軽音部」メンバーの精神年齢について。

「けいおん!!」(前作「けいおん!」含む)の凄さは「メンバー達の他愛ない日常」を毎回描いておきながら、見ている視聴者を飽きさせない作りであることに尽きます。
というか、「特にすごいイベントも起きないのに、見ている30分を幸せな気持ちにさせてくれる」その内容こそが特筆すべき部分と言えるでしょう。
この作品は、元の原作をは正直よく知らないのですが、アニメに関してはかなり計算された作品作りがなされています。

メンバーの内、4人は高校三年生、一人が二年生にもかかわらず、苦しい受験勉強の描写は省かれ、第二次性徴を迎えた女性としての描写はおろか、「クラスメイトや家族との軋轢」、「気になる(身近な)男性」、「好きな男性タレント」、などなどの「見ている視聴者に不快感を与える内容」は極力オミットされた「理想郷(パラダイス)」としての女性部活動が描かれています。(第1期11話の律による澪への行動が、いかに視聴者の反感を買ったことか)
視聴者に不快感を与えるものを極力排除した、「オタ向けパラダイス」あるいは「オタ向け無菌室」的内容と言うべきか。


私はこれを全肯定します。
(だって面白いものね。面白いものが正義!)


以上のオミットされた内容を描くことで「2次元である架空のキャラの内面が描けている」と評価を受けるかもしれませんが、多くのオタ系視聴者は、そんな暗い内容は見たくないのです。

「ANGEL BEATS!」への不満もたぶんそこで、純粋なドタバタがやりたいなら、各キャラの無残な死とかその無念なんてオミットするべきではなかったでしょうか。
でもそれでは麻枝准が脚本を書く必要もないんだろうしなあ…。
二つを両立させるには、あまりに画面上での各キャラの描写が足りないと思うよね。

ただ、「けいおん」は不快な描写をオミットしすぎて、その精神レベルが「これ、高校生?」という感想を抱いてしまうのも事実(笑)。

かつての、萌え4コマの始祖とも言える「あずまんが大王」という傑作がありましたが、あの主要メンバーも「これ、高校生?」な精神レベルでした(いや、肉体年齢が小学生もいましたが(笑))。
「あずまんが」で感じた違和感で、もっとも大きかったのが、ちよちゃんの別荘で酔った教師二人組から大人の話を聞かされ、皆で赤面するという描写。
「おいおい、そりゃ高校生の描写じゃないよ。中学生だよ
と思ったものです。

ところが、「けいおん」ではそんな描写すらなく、メンバーが楽しく過ごすその描写はあずまんがよりも知能指数低め(誉め言葉!
小学生レベルだよなあ」というのがその感想。

オタの取捨選択を見事にまとめ上げた「けいおん」、その理想郷は「小学生レベルの行動様式」という結論でした。

だが、それがイイ!(笑)


ぴゅあぴゅあはーと
ポニーキャニオン
2010-06-02
放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕

ユーザレビュー:
素晴らしいとしか言え ...
もう一声!直球勝負だ ...
これまでの曲とは何か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


F1 トルコGPを終えて

2010/05/31 21:12
相手の最悪ミスでイギリス勢がタナボタ勝利!

昨日、フジテレビNEXTでF1第7戦トルコGP生中継を見終えて、そういえばW杯日本代表がイングランドとやってたよな…とチャンネル変えたら似たような展開だったとかで思わず吹いちゃった。

さあさあ、ヲタオッサンTが久々にF1について書きますよ。
(ここ数戦はコメントする気も起きないくらい単調なレース展開でねえ…)

トルコのサーキットも客が少なかったねえ。
来年開催はないかも?というのもありうるかな。

細かい説明はしないので、ついてこれる方だけ読んでくださいな。

2010年シーズンも三ヶ月と7戦を終えてウェーバー2勝、バトン2勝、アロンソ、ベッテル、ハミルトンが1勝ずつで、ポイントのとりこぼしのないウェーバーが現在ランキングトップ。ポイント差が大きいので、とにかく毎戦ポイントゲットがチャンピオンへの近道だね。

ただ、まあとにかくレッドブル2台がシーズン前の予想よりも圧倒的な早さなので(ニューウェイも会心の作だろうなあ)、しばらくの間見てて盛り上がらないことこの上なかった。
ただ、若きベッテル行ったきりかと思わせておいて、ウェーバーも、いぶし銀的な速さをようやく見せてきて、オッサン世代としてはマンセルの2nd待遇だったパトレーゼがFW14を先に乗りこなして'91年前半戦をリードしていた姿がオーバーラップします。

その後ろに並ぶクビサ、マッサ、ロズベルグあたりもまんべんなく優勝してくれれば面白くなりそうなんだけどなあ。

しかし、3位ハミルトンにつつかれ続け、ここまで速さでウェーバーに負け続けていたベッテルが抜きにかかるも、ミスって自滅(ノーポイント!)。トップだったウェーバーも3位になっていよいよレッドブルはチーム内分裂状態になるのか?

最速のマシンをFW11を得ておきながら、チームメイト同士が激しく争い続け、結局マシンで劣った3位のプロスト(マクラーレン)にチャンピオンをかすめ取られた1986年シーズンとか思い出さずにはいられません。
最強と思われたマクラーレン、アロンソ、ハミルトンで争い合ってフェラーリのライコネンに逆転優勝された2007年シーズンの方が近年な分、皆には印象が強いかな(ヲタオッサンTは忘れかけてました)。

今YahooのF1ニュースを見たら「悪いのはウェーバーとレッドブル首脳」とか書かれているし。
これからレッドブルは、ゴタゴタで他チームに隙を突かれなければいいけどね。

しかし去年も後半マクラーレンはアップデートを順調に果たしてたけど、今年もフェラーリよりも先にレッドブルに食らいついてきたなあ。

他にめぼしいドライバーに短評を(偉そうだなあ)。
バトン : 今年は地味な走りでハミルトンの陰に隠れるかと思いきや、プチプロスト風味も醸し出してきたぞ!
ハミルトン: 最近ますますマンセルっぽい走りをしてるなあ。トルコでもバトンに抜かれそうになったり。
アロンソ : モナコはもったいなかった。今期1勝で終わって欲しくないな。
クビサ : およそスポーツマンらしくない容貌だけど(笑)、がんばって盛り上げて欲しい!
ロズベルグ :初勝利できそうでできないねえ…改良型マシンは恐ろしきチームメイト好みのマシンなのか?
シューマッハ :表彰台くらいはGETしてくれ…モナコラストのオーバーテイクは往年の小狡さが滲みでて良かったぜ! その後、かつてのライバルにして伏兵デイモン・ヒル(スチュワード)に結果を抹消されたオチも良かった(笑)。
カムイ : ようやく今期初ポイント。予選TOP10にまたまた入って、日本人として期待もふくらむ?

てなわけで、次のカナダGPも期待です。
(いや、さすがに深夜2時スタートとか、肉体労働系オッサンは生では見れませんが)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


四月期アニソンランキング

2010/05/30 11:54
さて、4月期アニメを二ヶ月ざっと見て、ヲタオッサンTのアニソンランキングがほぼ決定。
あくまで歌としての好き嫌いなので、作品本編内容とは無関係です!

3位はランキングならトップの「Go! Go! Maniac!」(放課後ティータイム)。


作品内容的には今期ぶっちぎりのトップなのに、このOPは、あまりにアニソンとしては独創的すぎて「ついてこれないやつは切り捨てるよ!」的な曲と歌メロで「一聴してざっと歌えない」作り手の挑戦そのものがマイナス要因としてこの順位に決定。ちなみにヲタオッサンTの音楽知識ではこの曲のバックグラウンド(インスパイア元)に触れることができません! …JAZZ/FANK系かなあ。


2位はピアノのイントロでもう泣かせにかかる、「ANGEL BEATS!」主題歌「My Soul,Your Beats!」(Lia)。

(さすがにまだフルサイズはないか)

国家として高名な「鳥の詩」(ダンクーガ ノヴァの主題歌じゃないほう)のコンビで送る、今期二番目に話題性のあるアニメの主題歌。陰のあるメロディをLiaの透明感あるヴォイスで歌い上げている。
CDを買ってフルサイズを聞いたら、転調してのサビとのつながりとか、二番の入りとかなんだか曲としてのすりあわせが良くない気もするけど、サビでしびれるのでヨシということで。



で、今期トップ1は……

ヲタオッサンTが1ヶ月で視聴を切った(笑)「いちばんうしろの大魔王」主題歌、Sphere(スフィア)の歌う「REALOVE:REALIFE」!



まあ典型的なハードロック曲だけど、これだけハードな曲をあのスフィアが歌っている、という事が重要。
はっきり言って、ランティス系でこの曲調だったらGRANRODEOが歌っていてもおかしくないほどの曲です。
でも、カッコイイ!

ちなみにこの曲の、マシンガンのようなリフで思い出したのがMOTLEY CRUEの「KICK START MY HEART」だね。
あれもスピード系の名曲でした(俺は基本的にスピード系しか興味ないけど)。

(「Motley Crue- Kickstart My Heart」でYOUTUBEを検索してみてください。高音質のバージョンは埋め込みコードを拒否されてました。あと、冒頭30秒ほどメンバーがライブ入りするまでの映像が入ってます。あと、とても目に厳しいクリップで、テレ東だと放送できないレベルなので注意)


あと、4位以下に「SOMONE ELSE」、「恋華大乱」「STARGAZER」「バクチ・ダンサー」と続きます。



おまけ特別賞:
StarDigioを聞いていると、絶対に購入するはずもないので耳にすることもないはずの曲を耳にして、すごくはまってしまって、結局CDを買ってしまうという事がたまにあります。
「トミカヒーロー レスキューフォース」主題歌「STORY」(CAMINO)がその筆頭で、凡百のタイアップソングよりもよっぽどカッコよかった。(子供番組タイアップとは思えない渋い歌詞も気に入って、TVオンエア版を見たら、なんと番組にあわせた決めセリフに変更されたバージョンに改変されてた。ちょっとガックリ)
2008年の個人的ランキングではマクロスFを押さえて上位に位置してます。




で、またまた今、ヲタオッサンTが一番はまっている曲は上記トップ3ではなく、StarDigioで流れて大笑いしたこの曲です。
「鳥取戦士サキューンのテーマ」


(※TVサイズの上にちょっと早回しぎみ。二番三番の歌詞がまたふざけてていいんだけど…)


「天体戦士サンレッド」に出てきた1話だけのサブキャラの歌で、かなりふざけた歌のアルバムの、穴埋め用に作った歌なんだろうけど、ヒーローものの王道のようなメロディに、鳥取のごく浅い観光知識をアピールするギャップに笑い転げてしまった(鳥取をあれだけアピールしてるのに、歌詞は標準語だったりするし。わかってるなあ!)。
かなり水木一郎氏を意識した曲作りで、ぜひ水木氏当人に歌ってほしいと思ったものだ。

ではまた

REALOVE:REALIFE
ランティス
2010-04-21
スフィア

ユーザレビュー:
REALOVE:RE ...
最高!いちばんうしろ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】
アニプレックス
2010-05-26
Lia

ユーザレビュー:
麻枝文学一つの到達点 ...
いいと思いますTVア ...
キタ----(?∀? ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



STORY
エイベックス・エンタテインメント
2008-06-25
camino

ユーザレビュー:
これぞ新世紀のヒーロ ...
聴きたくてもなかなか ...
タイアップの理想系曲 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ドクター・フィールグッド
USMジャパン
2006-10-18
モトリー・クルー

ユーザレビュー:
天才たちの底知れぬ才 ...
曲全体のクオリティが ...
DR.FEELGOO ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



天体戦士サンレッド(第2期)溝ノ口豪華絢爛歌謡祭
flying DOG
2010-03-31
TVサントラ

ユーザレビュー:
楽しめる分、惜しい気 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

WEBの恥は書き捨て/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる